マニアックス ブログ

物欲マニアックス(http://mamiax.k-arts.net/)のブログ版です。
たま〜に日記もありっすよ。
bb coo DEX ネーミングの法則
 今更かもしれないが、トヨタのbBと、ダイハツのCoo、そしてスバルのDEXという車がありますが、これらの車は同じ車体である兄弟車です。

っで最近になって気づいた事があるんです。もしかして有名な事かもしれませんが・・・。

まずはこちら。
トヨタのbBです。車名はbLack Boxという事から来ているそうです。

こちらがダイハツのCoo.
フロント周りが大きく変更されて、個人的にはこちらの方が好きかも・・。



こちらが昨年発売されたスバルのDEX。
スバルらしくフロント周りがスポーティーに仕上げられています。



OEM形式にしてはどこもがんばってると思います。
ただ残念な事に内装やリアにはあまり変更が加えられていないです・・。
俺的には、bBのリアが嫌いなんだけど・・。

っでここからが本文。

bB
Coo
DEX
のネーミングを見て気づいたんです。

なんと発売された順に並べてみると・・
BCDと頭文字が並んでいるではないか!!


あれ?もしかしてこれって有名な事?

気づいた時にはちょっとムフフ・・だったんだけどなぁ〜

amazonレーダー探知機人気ランキング
JUGEMテーマ:車/バイク
| bobbybourne | 自動車 | 13:27 | comments(2) | - | - | - |
ラウムEXZ10の修理3
ラウムの修理というか、補修というか、延命というかだんだん訳わからなんくなってきましたが、追加項目ができましたので報告しておきます。

2回目で、以下のを今後購入予定と書きましたが購入しました!

■フォグランプ
純正前期タイプ オークションにてバンパー/バンパー上部/フロントスポイラー/フォグランプ/フォグランプ取り付けカバー のセットで購入
ただ、色がシルバーがほしかったのですが、中古品なので選べません。仕方ないので塗装しました。
やっぱどんなに下地を一生懸命やっても焼付け塗装のように硬くはなりませんね・・。
バンパーは塗装が大変だったので従来のを使用し、穴を開けました。
配線は純正のを使用しようと思ったのですが、配線はきてるもののリレーが入っているかどうかよく分からなかったのと、スイッチをオークションでまた落札するのもめんどくさかったし、予算もかけたくなかったのでエーモンのリレーと、手元にあったスイッチを使いました。
とはいえ太目のケーブルやらヒューズやらで結局お金かかってしまいました・・。

■H4 Hi/Low用HIDコンバージョンキット
ハイビームインジケーターと光軸の事を考えるとなかなか手を出せなかったんだが、ハイビームインジケーターはちょっと手を加えれば点灯するようになるとネットで発見したのでそれはOK。
あとは光軸ですよね。
バーナーのシェード以外にハイビームの穴から光が漏れるのを防ぐ黒いシェードがプラスされているのを選択しました。
結果なんとか車検は通りそうな光軸です。

■フロントスポーラー
さきほどのフォグと一緒に購入しました。
下地のペーパーがけだけで数時間要しました・・。
にもかかわらず取り付けの際、ちょっと無理な力が加わっただけでちょっと剥がれた トホホ・・。
プライマー数回/塗装数回/クリア数回
かなり時間がかかったのに・・(涙)

■その他
ホワイトパール用のパーツだったのでバンパー上部はシルバーですが、本体カラーがシルバーの色とは若干暗い感じで色が違うようです。これはそのまま使います

さてさて、メーターのDランプが切れている問題があったんですが、修理しました。
バルブはT5バルブ。
取り付け完了して・・あれ???
メーターの文字盤がまっくら・・。
壊しちゃったかも・・。
っと思ったら取り外した振動ですべての電球が切れてしまったみたい(涙)
整備士のおっちゃんに聞いたら走行距離の多い車で、電球が切れて交換したら、振動で別の電球が次々と切れるって事があるみたいです。
っで、調べたらラウムのメーターバルブはT6.5という特殊バルブ。
これが探してもまったく見つからない・・。
辛うじてバイクショップで3個見つけましたが合計9個必要。
結局ネットで購入しましたよ。
ついでに薄くブルーに塗装しようかな。

とこんな感じです。
また変更あれば報告します。
| bobbybourne | 自動車 | 23:41 | comments(1) | - | - | - |
ラウムEXZ10の修理2
なんか俺の周りの友達が、このブログをいつも見てくれているらしく、ラウムの修理に関してどうなった?って事なのでもしかしたら楽しみにしてくれている人もいるかもしれないので報告だけしておきます。

以下の部分を修理・補修いたしました。
右の金額はパーツ代です。

フロントワイパー(L) 498円
フロントワイパー(R) 498円
リアワイパー 498円
リアブレーキシュー 1980円
ドライブシャフトブーツ(L) 4255円
エアークリーナー 2022円
スパークプラグ4本 2112円
LLC 4L 1980円
バッテリー 2980円
メーター&エアコン照明用バルブ 348円
ウインドウフィルム 2425円
フィルム張り用スプレー 498円
中古>カーナビ(パナソニックDVDタイプ2001年) 9980円
中古>インダッシュモニター(パナソニック7インチ2002年) 4500円
バックカメラ 2480円
中古>ナビ用マイク 100円
中古>アナログテレビ用アンテナ 300円
ブレーキオイル 1480円
オイル交換 汚れていたので2回 1980円
オイルエレメント 798円
ドレンボルトパッキン 198円
エレメント用工具 1380円
廃油処分用ウエス 248円
ブレーキ・パーツクリーナー 3本 600円
中古>キーレス用リモコン 300円
ナビなど配線用ギボシ一式 1980円
配線ケーブル類 600円
中古>リアスポイラー(ハイマウントストップランプ付)4848円
サビ止めペイント(スポイラーの穴用) 698円
マジックテープ 200円
両面テープ 200円
スポイラー用ネジ 300円
ナンバー変更 4230円
中古>ヘッドライトASSY交換(L/R) 4600円
ヘッドライトレンズクリーナー 1480円

合計金額 63,326円

以上購入したパーツ
すべて自分で修理・補修・取付けしているのでパーツ代(ナンバーは交付費用)以外がかかっていません。
なお、ブレーキ修理は取付後、知り合いの整備士にて確認してもらっています。

自分で修理できなかった箇所
ファンベルト調整 2100円

今後購入予定のパーツ
フォグランプ
H4 Hi/Low用HIDコンバージョンキット
フロントスポーラー
リアバンパースポイラー
カーナビ用2009年版地図
アルミホイール+タイヤ

自分の車でもないのになんかアホ臭い金額になってきました〜。
でもマジ楽しいっす。

| bobbybourne | 自動車 | 16:08 | comments(3) | - | - | - |
ラウムEXZ10の修理
最近、親父の乗っている車を整備するのにはまりまくってます!
車は99年式のラウム EXZ10で、今年の12月に車検なんで廃車にしようとも思ったんだけど、買い換える予算もないので車検を取得する事になりました。
っで、車検の見積もりを出したら故障箇所がいくつかあって14万円オーバーかかるみたい。
交換や整備(おすすめ整備も含む)が必要な箇所は以下

エアクリーナー
リアブレーキシュー
ワイパー全箇所
左ドライブシャフトブーツ
発炎筒
スパークプラグ
オイル交換
ブレーキオイル
LLC交換

これ以外にATインジケーターの切れたバルブの交換とタイヤ交換、バッテリー交換、ヘッドライト光量不足が必要かと思われます。
(すべてディーラーでやってもらうとおそらく17万超えるだろうな・・)

ちょっと事情があって俺が出さなければいけない金額です。
これはこまったもんだ!

とはいえ、それなりの整備技術は一応持っているので自分でやれる所は自分でやってしまおうと思い、整備費用をできるだけ抑えようというというのが狙いで色々始めてます。

どうせやるなら車検は通るけど、やっておこうと思う項目もあり、修理予定箇所は以下です

ドライブシャフトブーツ(左)の交換
リアドラムブレーキシューの交換
タイヤ
メーター内ATインジケーター(D)のバルブ切れ
ワイパーL/R+Rear
LLC交換
発炎筒有効期限切れ
ブレーキオイル
スパークプラグ4本
バッテリー
エアークリーナー
ファンベルト調整
左電動ドアミラーの修理
プライバシーフィルムの貼付
リアバンパーずれの修理
タイヤ交換(2本)
オイル交換
リモコンドアロック部品の調達
HID取付け

あと、ナビの取付け

このような項目になっています。
ただ自分では治さない箇所が2箇所だけあります。
それがブレーキオイルの交換。
エアー抜きとかちょっとめんどくさいから
それとタイヤ交換。

さてすべて順調に行くのでしょうか・・

ちなみに車検に必要ないパーツもたくさん交換する事にしたが、パーツ代だけでかかった費用は以下

ワイパー全交換(ゴムだけでなく、金具も付いたもの) 498円x3=1494円 激安!

ブレーキシュー(2個)+ドライブシャフト(1個)+プラグ4本+エアークリーナー=10900円

LLC=1000円

発炎筒=498円

バッテリー(パナソニックでこれまでより大きいやつ)=3980円

プライバシーフィルム(カット済み)=2500円(激安)

メーターバルブ=350円

リモコン(中古)=500円

HID=5600円

合計26822円 これにブレーキオイルとタイヤ交換が加わります。

タイヤの中古でOKなので、2本で交換費用を含んで12000円くらい。ブレーキオイルは車検と同時に行う予定なので2600円くらい。

すべて合計して41422円・・高い・・。
けど、ここまで整備や交換、さらにHIDへグレードアップまでして基本をディーラーで修理してもらうよりも大幅に安く上げられる予定です。

さて、寒くなる前にまずはファンベルトの調整と一番めんどくさそうなブレーキシューを始めようかな
| bobbybourne | 自動車 | 15:31 | comments(6) | - | - | - |
新型4代目ステップワゴンってどうよ
新型
ステップワゴン

がホンダのサイトで先行公開しているようだ。
内容はというと、サイドビューとリアハッチを開けた所の画像が出ている。
一見「オっ」と思って、Yahooの画像検索で新型ステップワゴンと入力してフロントビューの画像を検索した。
そしたらやっぱりありました!今回もスパーダも導入されるようです。

だが、個人的意見としまして・・ダッセ〜って感じです。
まぁステップワゴン事態、初代はデザインはどうでもよくってパッケージングで売れていた車なのでそれもOKかもしれないんだが、最近はヴォクシーやらこの手のジャンルの車は非常に多い。
初代がヒットしただけあって、それ以降はどうもいまいちな売れいきみたいだし、個人的には3代目は好きな方だった。
というか3代目は番外編みたいなもので、4代目は原点回帰したと言った方がいいのかもしてない。

内装はフリードの流れを持つ最近のホンダらしいデザイン。オーソドックスなアナログメーターに戻っている。
ライフのフルモデルチェンジもそうだけど、ぱっとしないです。
あくまで個人的意見ね!

絶対売れないと思っていたあの変なリアビューのフリードが実際売れちゃってるみたいだから、ステップワゴンも売れちゃうかもね。
どちらかというとフリードもパッケージングは良いと思うから。

下で画像見てもらうと分かるんだけど、ミニバンで一番売れている「セレナ」っぽさがあるような・・(汗)

新型ステップワゴン先行公開サイト

ここに画像あります
| bobbybourne | 自動車 | 23:05 | comments(511) | - | - | - |
もっと早くETC付けときなよ!
高速道路の料金上限が1000円になった。
俺はETCサービスがスタートされたばかりからETCを使っているのでETCの動きをよく知っている。
最初の頃は認知度もかなり低く、知らずによくバーにひっかかっている非ETCユーザーがいたりもした。
おもしろいのが、現金のゲートに100台くらい渋滞が発生している時もゴボウ抜きができた爽快感は初期からETCを使ってる人しか味わった事ない優越感だった。
今となっては様々なサービスで普及も順調のETC.
今回の1000円一律料金であわててETCを購入しようとして、売り切れで困っている人が正直理解できない。
これまでも通勤時間帯割引で半額、早朝深夜割引など様々なサービスを行って普及させてきたETC。
これまでも十分導入の理由があったのになぜこれまで購入しなかったの?って疑問に思う。


確かに今回の1000円は衝撃的なものだが、通勤時間帯割引とか、深夜割引をうまく使って田舎に帰省したり、旅行に行ったりしたらETC本体やセットアップ料金なんてあっという間に回収できてしまった。
マイレージサービスもあったし。

それで今回の騒ぎで大慌てで購入しに行ったが売り切れにはまっているなんて・・。
さらにETC本体無料配布で丸1日並び、後日の作業取り付けで20時間待たされたって人がテレビで取材を受けていたけど、そんな時間あったら普通に買えよな。その時間で十分稼げたはず?
どちらにせよあぁ醜い・・

俺が思うに、ETCを知らなかった人も結構いると思う。
今回の件でニュースで散々やった事でお得な事だから耳を傾けた人もいると思う。
似たような事で地デジを今更ながらまったく知らない人もいるくらいですから・・。
TVや新聞、雑誌などかなりのお金を使って報じているにもかかわらずです。
一体世の中の何を見ているのでしょうか・・?
| bobbybourne | 自動車 | 20:35 | comments(3) | - | - | - |
歴代の欲しかった車ベスト10
毎年たくさんの車が登場して、ヒットしたものや不人気に終わった車たくさんあります。
今回は、自分が乗りたかった、もしくは乗りたい、所有したい旧車をベスト10にしてみました。


■燃費向上グッズ 3週間効果なければ返品できるすごいヤツ!



1位 スバル アルシオーネ
■初代アルシオーネ。直線的なボディーが何ともすんばらしい!
当時発売していた2代目プレリュードに似ているという話もあったが、中身はまったく違う車。
どちらかと言うとアメ車的なデザインだった。
当時から見た近未来的なコックピットもかっこいい!
しかし当時で2L超えた車は一般的ではなく、価格も効果だったのもあり不人気で、現在は入手困難となっている。

2位 イスズ ピアッツァNERO イルムシャーターボ
■初代ピアッツァNERO。ベースとなったイスズのピアッツァを外車販売店「ヤナセ」専売モデルで、かなり印象の違うデザインになっている。
ライトは四灯で、半分だけかぶったリトラクタブルヘッドライト。
さらにイルムシャーのチューニングが施されたターボエンジンが搭載されている。

3位 イスズ ジェミニクーペ イルムシャーターボ
■3代目ジェミニをベースとしたジェミニのクーペで、海外の「ジオストリーム」(日本ではヤナセ専売でPAネロ(ピアッツァではない)として発売)のデザインにフロントフェイスを変え「ジェミニクーペ」として発売したモデル。
特徴ありすぎるデザインは超不人気に終わったため、現在は入手困難。

4位 オートザム(マツダ)AZ−1
■軽自動車で最初で最後となっているガルウイングを採用したスーパー軽自動車。
エンジンにはカプチーノなどと同じ型式のスズキ製を採用している。
モーターショーではリトラクタブルヘッドライトを採用したデザインだったが、ガルウイングの特装で残念ながら市販車は採用されなかった。
フレームの上に強化プラスチック貼ったボディーも特徴的だ。
スポーツ仕様の為、リクライニングのないフルバケットシートを採用している。
今でもマニアに根強い人気で、中古でも高価で売買されている。

5位 イスズ ビークロス
■モーターショーのデザインをそのまま市販してしまったSUV。
曲線を多用した近未来的なデザインが何より特徴。その反面内装はオーソドックスすぎるのがちょっと残念。
実は昨年運転する機会があったので試乗させてもらった。
4WDの重いボディーだがV6 3.2エンジンがパワー不足とは感じなかった。

6位 トヨタ WILL VS(インターネット販売限定車)
■ほとんどの企業が失敗に終わったWILLブランドの車第二弾。
直線的でスポーティー。奇抜sなデザインが特徴。内装にまで拘ったデザインも素晴らしい。飛行機のコックピットをモチーフにしているらしい。
インターネット限定モデルは、WILL VSをベースとした6MTに1.8Lエンジンで、カラーはレッドスペシャル。限定100台とされている。

7位 三菱 エクリプス
■実は初代のエクリプスは実際に所有していた。今になっても乗りたい車。
特に初代のデザインが好きだが、3代目のデザインも気に入っている。
逆輸入車なので左ハンドル仕様となっている。
また初代では日本車では見た事ない、オートシートベルト機能も搭載されている。

8位 トヨタ セラ
■斜めに開くガルウイングが特徴の車。スポーティーなイメージとはウラハラにボディーの弱さをサスペンションでごまかしているため、乗り心地重視のセッティングとなっているのが残念。
またルーフまでつながるガルウイングはガラスになっているので夏場は最悪だと言う。

9位 ホンダ インサイト
■プリウスに続くホンダのハイブリッド車なのだが、さすがホンダ!エコなハイブリッド車をスポーツカーに採用した所が素晴らしい。
デザインも特徴的で、リアのホイールは空気抵抗を抑える為に、半分ボディーに隠れている。

10位 ホンダ ビート
■マイクロオープンカー。NSXよりも低いシートポジションにリアミッドシップエンジンを採用した軽自動車。
当時ホンダはターボエンジンは出さないというこだわりがあり、NAエンジンでありながらF1技術などを取り込み、軽自動車規格最大となる64馬力を発生させている。

ちょっと全体的にマニアックすぎたかな・・(汗)
だからこそ価値があるんだけどね。


■燃費向上グッズ 3週間効果なければ返品できるすごいヤツ!



| bobbybourne | 自動車 | 18:26 | comments(7) | - | - | - |
バイオ燃料とクリーンディーゼル
最近、バイオ燃料によって、食品など物価が高騰しているじゃないですか。
2年連続の自然災害でオーストラリアで麦がとれなかったってのもあるけど、やはりバイオ燃料の為にこれまで麦を育ててた農家が、お金になるとうもろこしへ転換したのも大きな原因でもあります。
・・でもよく考えてみて。
日本では自給率が悪いのは各メディアの報道で知っている人も多いと思うけど、日本にはほとんど関係ないじゃん!
世界ではバイオ燃料とガソリンを混ぜて走れる車だけでなく、バイオ燃料を100%使用して走る車だってある。
でも日本じゃ、ガソリンにたった3%しかバイオ燃料を混ぜてはいけないという変な法律があります。
しかもその混合燃料ですら、実際に売っているお店は試験的にやっているだけでほんの一握りしかありません。
日本はまったく何の恩恵も受けていないじゃないですか!
原油はどんどん値上がりするし、食料も高くなる。なんじゃこりゃ!

次に、環境にいいと最近注目されているディーゼルエンジンですが、これもおかしい。
海外では日本車ももちろんクリーンディーゼル車がたくさん走っています。
ディーゼルならガソリンよりも少しだけ安いのになぜ日本ではそれを発売しないのか?
東京都がディーゼルの乗り入れを禁止しているから?日本人にとってまだイメージが悪いから?
あくまでもクリーンディーゼルじゃないですか?頭の固い人はほっておいて、即全車ラインナップするべきです。車離れも進んでいる事ですし。
他にも何か理由でもあるのでしょうか???
何もかも日本って法律で遅れを取っている感じがします。

とは行ってもディーゼルに関しては今年の秋に日産のエクストレイルがやっとクリーンディーゼルエンジンで発売するそうですが、他社もこれに追随してほしいですね。
日本で開発されたどんな素晴らしい技術でも、日本で始められないのでは日本人である意味がないと思うのですが・・。
やっぱビジネスが欧米を主にされているからでしょうか?
なんだか日本って寂しい国だなぁ・・。
| bobbybourne | 自動車 | 22:06 | comments(499) | - | - | - |
車のブレーキランプ切れている人
以前 「車で走ってて思う事」でも書いた事なんですけど、ブレーキランプが両方とも切れている車って相変わらず多いですよね。
あれってほんとあぶないです。
まして当の本人が気づいてないんですから万が一追突しても衝撃で切れたんじゃないかと言い逃れされてしまえばそれまでじゃないか!

っで、思った事がある。
最近の車はキーを解除する時に、リモコンではなくスマートキーによる鍵なしでドアオープンやエンジンの始動も可能な車種は多くなってきたけれど、リモコンで解除する時って昔のホンダ車以外はハザードが点滅するじゃないですか。
あれをハザードじゃなくブレーキランプにするべきですよ。
だってウインカーの玉切れであればウインカーが高速点滅するから運転してるとすぐに判別つくけど、ブレーキランプは自分じゃ見る事もできない。
バックする時にランプが点灯しているかという確認もできるけど、それをしているかどうか、まして車に音痴な人は友達が教えてくれない限り気づかないのではないだろうか?
ガソリンスタンドで給油時、ブレーキ踏んでください・・っと点検させられた事もあったけど、今はセルフがほとんどだし。
だから開錠の時にハザードではなくブレーキランプが点滅すれば一人でも確認できるだろうし、そういった仕様に変えるべだ。
それか、一部の車種にしか塔載されていないブレーキランプ警告灯をメーターの中に装備するのを義務づけるべきだと思う。
道路交通法の改正で、リアのブレーキランプは4灯を禁止とし、2灯+ハイマウントストップランプを義務づけたようだけど、ただでさえ切れている人が多いのでなんで減らしたのか疑問でならない。
あと1つはは今後発売する車種について全てLEDブレーキランプにするとか、とにかくこれに対して法律で改善してほしいものだ。
1万円を切った自動車用ドライブレコーダー

| bobbybourne | 自動車 | 21:26 | comments(269) | - | - | - |
ケンウッドのカーナビ2008年モデルまだぁ?
ケンウッドは通常、毎年1月に新製品のカーナビを発売しているが、今年はまだ発表すらない。どうしたんだ?
昨年はビクターとくっついてビクター側は国内でカーオーディオ市場から撤退するというニュースがあったがそれが原因なのだろうか?

ケンウッドのカーナビはナビ性能こそ3流(失礼・・)だけど、さすがオーディオメーカーと言われるほど音に拘った作りなのが好きだ。
音質だけ取ってしまうともっと高価なカロのサイバーナビがあるが、普及価格帯でオーディオマスターのよるチューニングやノイズの混入を防ぐ構造などが特徴だが何よりもユーザー側に立った作りが人気だ。
まず、煩わしい音楽録音は通常、ナビに直接CDを挿入して録音する他社と比較して、USBメモリーを差してPCで作成した音楽ファイルを転送という方式をとっている。しかも超高速転送なのだ。
今や音楽はPCに保存する時代で、大量の音楽をMP3などの圧縮ファイルとしてPCに保存している人はこれまでいちいちCD−Rなどに音楽CDとして焼いて、それをナビに録音、さらにナビが圧縮音声に変換するという音質的にも最悪な状態だったのをケンウッドはダイレクトに転送できるのが特徴だった。
著作権上の問題でこれらなかなか実現しなかったのかもしれないが、やはりできるとできないではかなりの差がある。
それも最近になってカロとパナソニックが転送可能となったがケンウッドほど使いやすいという物でもないようだ。

また、07年モデルはいち早くワンセグチューナーを内蔵したとして注目されたがたった1年で12セグチューナー内蔵モデルまでもが他社から発売するなどカーナビ市場は激化しているようだ。

昨年末、モーターショーでTORIOブランドのカーナビをお披露目したケンウッドだが、これがん完成度も高くこれが08年モデルかと思われたがまだ発表がない。
たとえ発売してもTORIOブランドで発売するという事は普及価格帯でなく従来のユーザーは取り込めないような気がする。
もちろんハイエンドモデルは必要だが、カロナビあたりの価格帯で出せるのかな?
なによりナビ性能が他社に比ルート案内がバカという噂があるケンウッドだがそこらへんどんな製品を出してくるのかが楽しみだ。

まぁ俺個人として、ゼンリン製の地図を使っているカーナビ(ソニー・サンヨー・ケンウッド)はナビとしての性能は低めというイメージかな。

それより本当に08年モデルは発売するのか??
| bobbybourne | 自動車 | 15:42 | comments(1) | - | - | - |
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE